いらなくなった時計やブランド品の処分方法

長く使っていない時計やブランド品を処分するとき、ゴミとして捨てる前に売却することを検討してみてはどうでしょうか。人気のブランド品ならば、多少のキズや汚れがあっても買い取り手がついて、お金が手に入ります。オークションサイトを利用して売却する方法がありますが、中古の時計・ブランド品は素人判断で価格をつけるのが難しいですね。その点、専門の買取業者なら適正価格で売却することができるでしょう。

買取業者を探す時の注意点

お金

リサイクルショップは避けたほうがよい

家具や電化製品など幅広く中古品を扱っているようなリサイクルショップは、時計やブランド品を売却するのに避けたほうが無難です。ブランド品に関する知識が乏しい場合が多く、適正価格より安く買い取られていまいがちです。

ブランド品専門買取業者を利用する

中古品の買取業者は数多くありますが、時計やブランド品を専門に扱っている業者を利用するといいでしょう。その中でも、服や装飾品に強かったり時計専門だったりと、特定の商品に特化している業者もあります。売りたい商品の実績がある業者を選ぶようにしましょう。

宅配買取以外の買取方法を行っているか

売りたい商品を宅配便で送って、査定・買取をするサービスを行っている業者があります。宅配でしか買取を受け付けていない業者は、裏で何をしているか分かりにくいところがあるので、トラブルに巻き込まれる可能性も。そうしたことから、実店舗がある業者のほうが安心と言えるでしょう。

高く買取ってもらうためのポイント

商品の状態が良いほど高額査定になるので、ホコリや汚れはなるべく事前に落としておくのがいいでしょう。汚れは柔らかい布で拭き取り、エアダスターでホコリを吹き飛ばしましょう。汚れを落とすのに洗剤などを使用すると、商品が変色する可能性があるので、やめたほうが無難です。また、ニオイがついていることもあるので、風通しが良い場所に1日ほど置いておきましょう。

買取業者へ依頼する前に知っておきたいQ&A

腕時計

買取にはどんな方法がありますか?

店舗で買取をする店頭買取、商品を宅配便で送って査定・買取をする宅配買取、家までスタッフが来て査定・買取をする出張買取の3つがよく行われている方法です。業者によっては行っていない方法もあるので、事前に確認しましょう。

買取の際に必要な書類がありますか?

古物営業法により、ほとんどの場合買取の際には身分証明書のコピーが必要になります。身分証明書は、免許証、パスポート、健康保険証がよく使われます。また、依頼者が20歳未満の場合は、保護者の同意書が必要となります。

依頼前にチェック!時計やブランド品の買取注意ポイント

電卓を持つ人

より高く、納得できる買取をしてもらうには、複数の業者に見積もり査定を依頼するといいでしょう。査定価格を比べると、売りたい商品の相場も分かってきます。明らかに安い価格での買取を避けることができ、悪徳業者に引っかかることもなくなるはずです。査定は無料で行っている業者が多いので、最低でも3か所に見積もりを依頼し、比較検討しましょう。その中で自分が満足できる価格や対応をする業者に買い取ってもらうのが賢い方法です。